読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

夢日記1/18

2階建ての古い一軒家に私と娘と男性と3人で暮らしている。男性の続柄がいまいちよくわからなくて、兄っぽくもあり夫っぽくもあり恋人っぽくもあり親戚っぽくもあった。そういう距離感で暮らしていた。

男性がずっと体調がよくなくて塞ぎこんでいる感じなので、部屋の配置を変えたらいいのではという話になって、使っていない1Fの和室の応接間を片付けて起居できるようにしようということにした。その和室は鬼門にあるからちょっとよくないのではってずっと思ってたら、実はそれは私の勘違いで、西北に位置してて、だから大丈夫ということになった。日当たりはよくないかもだけど、日中は基本いないから大丈夫だし、本がたくさんあるから日がささないほうがいいよね、と。

「本がたくさんある」って言った時に、そういえば、わたしはその人の部屋に入ったことがあまりない事に気づいて「じゃあ実際どれくらいの本を移動しないといけないのさ」ってことになって部屋を開けたら、相当の本で埋もれていて異常に散らかっててベッドもロクに寝るスペースなくて「こりゃ体調も崩すわ」って状態になってた。さらに、その人の部屋は二階の東北の隅にあってまさに鬼門なのだった。

結論として、応接間にあった座椅子とかテーブルとか古い家具(これは家に備え付けてあって捨てることができない)を二階東北の部屋に移して、倉庫兼書庫みたいな感じに使って、応接間はその人の部屋にすれば丸く収まるねということになった。