読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

夢日記 12/7

山の家みたいなところに合宿っぽいイベントで来てる。設定としては学校のサークルみたいな感じ。登場人物もあんまりよくわからない人ばっかり。
最終日、近所の山に登ってそのまま帰るみたいな段取りになってるんだけど、詳しい集合時間とかがわかってなくて、同室の女の子に「何時だっけ?」とかたずねたら「ちょっと私もわからないですー」とか言ってて、それなのに、しばらくしてロビーに行ったらその子も含めてみんな出発してて、なんだあいつ知ってたんじゃん、いつもああいう感じで「私ちょっとわかんないです」みたいな顔して、そのくせ全部情報把握してるんだ、最悪だ、みたいな怒りに包まれた感じになった。(その子はグループ内の幹部的な人の彼女で、それもあっていつもそういう振る舞いをするという設定のようだった)
怒りに包まれつつ、あと1人残された男子(なんかぼんやりした空気っぽい感じの後輩)と一緒に、なんとか先に出発した人たちに追いつく手段がないか手配しまくる。しかし、定期バスもないし、車に乗ってきた人は全部出発してるし、このままでは帰れないということになったら、宿の下働きみたいな兄ちゃんが「乗っけてってやるよ」とか言い出して、車回してくれた。異常にド派手なオープンカー(ミントグリーンのリムジンの屋根を外したみたいな状態になっててふかふか革シートで8人乗りだった)で、ついでだからと兄ちゃんの仲間も誘ってみんなで山に登ることになった。