読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

夢日記 10/7

海辺の城塞都市みたいなところに海賊の末裔のコミュニティと暮らしている。まだ引っ越してきたばかりという設定だった。家の庭にある大切な木が枯れそうになっていて水をいっぱいやって「これで大丈夫」とか言ってたら、親友(コミュニティの中でもわりと偉い家の娘らしい)が「定期的に海の水位が上がってこの町は沈むからその間は船で暮らす、その船が今夜出る」って教えてくれる。
船はそこで暮らしている人しか乗れなくて、よそものにはその情報は知らされないので死ぬということになってる。パニックになるから教えることができないということらしい。それでも、どうにか顔見知りの人は助けたいと思って、それとなく「船乗らない?」とか声かけてみるんだけど「用事がある」とか「そんな急に言われても」とか断られてしまう。娘もあまり乗り気じゃなかったりするけどなんとかなだめて乗せる。
船に乗る段階になって、あの大切な木も流されるのかな、と考えたりしている。