読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

最近よく聴いてる音楽とか

まあ年代的に、いわゆる渋谷系リアルタイム世代なんですが、フリッパーズ・ギターが至高とか、小沢くんが永遠の王子様とか、1990年で時代が止まっているわけではなく、その後もリアルタイムでその界隈から出てくる音楽を聴いて「ええやん」みたいに思ってて、実際、その界隈の人たちもいろいろ進化してますし、新しい人も出てきてたりしますので、たぶん一生そういう系統を聴いてるんだろうなと思うわけです。

今年に入ってからよく聴いてるのがこの2枚で、まず、中塚武はなんというか職人っぽい感じの引き出しの広さがあり前から好きでしたが、どっちかというと四つ打ちの人ってイメージで、引き出しの中にジャズっぽいものもあるって感じだったはずが、今回、ピアノとかストリングスとかの効いた方向がメインになっててボーカルもすごく頑張ってて、なんというか、オリジナル・ラブのファーストアルバムとセカンドアルバムの間のギャップみたいな感じでびっくりした。で、それがすごく良くて、発売されてからずっとものすごいヘビーローテーションで聴いてた。

LYRICS

LYRICS


なんかその中塚武が曲を提供してたりで、すごい評判いいので聴いてみたら、これもまたすごくよかったです。
claire

claire


前に、初音ミク渋谷系カバーの時にもどこかで言ったけど、渋谷系の一つの衝動というか方向性として「可愛い女の子に可愛い声でおしゃれな曲を歌わせて可愛いだけじゃない感じに仕上げたい」みたいのがあったと思う。で、そういうものを久しぶりに聞いた気がしました。

花澤香菜は異常に表現力があるんだけど、歌自体はあんまり達者に歌い上げる感じじゃなくて、こういうことをやるのに最高の人選だなあって感心しました。ちなみに中塚武の提供した「初恋ノオト」って曲ですが、聴いてたらそれほど難易度高そうに聞こえないおとなしめの曲なのにカラオケで歌うと超絶難しくて死にます。よくこんな曲作ったなあ。(というかドSなのでは……)



ところで、この間から始まった「Brothers Conflict」という「ひょんなことから血の繋がっていない兄弟が13人発生し全力で妹といちゃいちゃする」という素晴らしい設定のアニメを見てたら音楽で中塚武がクレジットされてて、一瞬目を疑いましたが、アニメ自体がアレすぎて音楽聴いてる余裕がありませんでした。次回からはちゃんと音楽聴こう……