汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

恒例の手帳の話

例年、この季節になると、ほぼ日手帳と何か別の手帳で悩んでいます。でも、去年は、はじめてMarksの「EDiT」という手帳を選んでみました。


これは1日1ページのB6サイズで、サイズ感としては、ほぼ日と、ほぼ日カズンの中間ぐらいになります。

1年だけカズンを使ったこともあるのですがA5サイズでそれなりの厚みもなるとなると、だいたいネットブックと同じぐらいの感覚です。持ち歩く紙の手帳がそこまで大きいのもちょっと大変でした。あと、カバーが大きいぶん、見た目が間延びしてさらに汚れも目立つ感じがして、そこもなんとなく気に入らなかった。

ずっと毎年つかってきてつくづく思うのですが、ほぼ日手帳のナイロンカバーの質感が嫌いです。布っぽくなくペラペラの発色のくせに、布っぽく毛羽立った劣化の仕方をするところがたまらなく嫌で、毎年別素材を選んだりもしてたんですが、それはそれで割高なのにどれも耐久性が悪い。

だからなのか、いろんなお店がオリジナルでほぼ日カバーを出しています。実は、去年はほぼ日のオリジナルサイズにカバーをオーダーして、これからずっとほぼ日を使おうか、という気もなっていたのです。しかし問題は大きさ。

1日1ページ手帳の使い方として、私は、フランクリンプランナー式の方法をとっています。時間軸とTodoリストを毎日書き、1日の終わりまたは朝にレビューして翌日にTodoを転記するというものです。そういう使い方をするには、若干小さいように感じました。

おためしとして、1ヶ月ぐらいはほぼ日とEdiTを併用しました。(ちなみに、ほぼ日には倉敷帆布の文庫カバーをかけました。これは安いし質感がナチュラルでとてもよいです。ほぼ日使う人にはおすすめです)

倉敷 帆布 文庫判ブックカバー無地 【ブラック】 UBM-BOOK-01

倉敷 帆布 文庫判ブックカバー無地 【ブラック】 UBM-BOOK-01

結局は、EDiTのサイズの安心感、そして、よけいなことをあまり書いていない主張しない感じが、使っていて快適だったので、今年はまよわずEDiT、そして今後も長く使うことになりそうなので、レザーのカバーを注文することにしました。オーダーが仕上がるまで1ヶ月ぐらいかかりそうですが、楽しみです。

→カバーの記事書きました! http://riko.hateblo.jp/entry/2012/11/09/190956