汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

週末の記録

金曜日、東京出張。夕方から他社との小規模な勉強会っぽいミーティングがあるために外出。東京のアルバイトスタッフと面談しようと思っていたけれど、やや重めの案件が入ったので時間切れでできなかった。夜はミーティングを設定してくれた元同僚+その会社に入社していた元アルバイト+ミーティングの相手と、飲んだ。飲みすぎて飛ばし過ぎた感じがある。初対面なのに。

土曜日、チームメンバーの子ども(生後9か月)に会いに行った。ちょうど一人で立てるか立てないかぐらいの運動能力で、セルフトレーニングに余念がない。母親がいなくなるとギャン泣き→だっこされるとニヤリと笑うというコンボが面白かった。人間の感情を学習してます、という感じだった。手土産にもっていった桃もおいしかったのでよかった。高級な果物屋さんの果物って綺麗だしおいしいし自分では買わないのでこういう時の手土産に便利。赤ちゃんも一緒に食べられるのがいいよね。

その後、渋谷のカフェでコーヒーミーティング。初めての人といろいろ話すのは疲れるけれども楽しい。でも、自分の場合、いつもだいたい勝手に話しまくって楽しませてもらっているだけで本当によくないと思う。こういう時、上手に相槌を打ちながら相手の気持ちを盛り上げて気分よく話してもらえるようなスキルを身に着けたい。今のままだと接待受けてるだけのような感じだ。

夜は、上海小吃に行った。中華街の天龍菜館とかもそうだし、日本語が通じにくくて店構えが入るのにちょっと勇気いる感じの料理屋って基本的に大好き。たぶん、こういう店に対して反射的に「ごちそう!」って思ってしまうルーツは、子どものころに連れて行ってもらった神戸元町の「中国酒家」だと思う。今はすっかり神戸の名店として有名店になってるけど30年前はトアロードをちょっと入った裏路地にあって日本語も通じにくかったのだ。で、上海小吃ですが、食べ物は全体においしかったし、とっても量が多かった。特に牛肉の辛い煮込みが、すごく辛いのに無限に食べられる感じだった。特に揚げパンに汁つけたら悶絶するぐらいにおいしかった。店構えから想像するほどはリーズナブルではなくちゃんとした食材のものが出てくるというのも好みの店ジャストミートだった。また来たい。今日のメンバーは、FBで適当に召集した結果、古い友達とはじめての人と混成のメンツだったけど、それなりに話も弾んで面白かった。その後、終電もなくなったけどゴールデン街の8bitなバー「裏面」で飲む。荷物を預けたコインロッカーが駅構内にあったためシャッター降りてて取り出すことができず、着の身着のままでホテル宿泊ということになった。

日曜日、夜は大木屋に行く予定だったけど、日中は予定がないなあと思っていたら、大木屋幹事氏宅で飲み会があるというので出かけていった。みんなが格ゲーでオンライン対戦してるのを見てゲラゲラ笑いながら日本酒をちみちみと飲んだ。夏休みの子どもがそのまま大人になったみたいな集まりだった。夜の大木屋は、相変わらずの大木屋だった。大木屋って量がアレなのですべての料理に対してテンションあがってエンターテイメントとして楽しいと思う。最近は体がしんどかったら普通にウーロン茶を飲むぐらいの分別はある。大木屋の匂いまみれになりながら新幹線で京都まで帰ってきた。E席が取れなくてA席になってたのがかえって幸いしたと思う。(B席には人がいなかったので)

今回の反省点。ガジェットを持っていきすぎたと思う。iPhoneiPadThinkPadニンテンドー3DSは多すぎる。しかし、東京はすれちがい通信が豊作だった。やっぱり都会は違う。山手線の駅で降りるたびに5人、10人といろいろな街からきた人とすれ違う。烏丸御池だと社員としかすれ違わないし。