読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹) まじめなのは http://blog.nakagawariko.com こちら

関西ついぴの会で弾いてきた


ついぴの会はだいたいレベルが高く、ショパンのバラードとかベートーベンのソナタとか難曲を弾く人が多い*1し、それでも完璧に弾けなくてもみんながすごく褒めてくれるので、多少手に余る難曲でも弾いてみようかなというきっかけになり、結果的にレベルが上がっていくという、わりとよい循環が生じていると思った。

そんな中で雰囲気だけで押し切ろうと思ってこんな曲を弾いた。(なんとか押し切れたと思いたい)
次はもう少しテクニカル方面も頑張る。まずは近くにいい先生を探すところから・・・

懇親会が終わった後、カフェで女子会みたいになったんだけど、そこで出たのが「自宅でピアノの練習をする苦労」のお話。ハイアマチュアピアニストにはいい楽器が弾きたい欲はあって、実際、地方在住でそれなりに大きなおうちがある場合は、ちゃんとした楽器を買ってる人が結構いる。「ちょっといい車と同じぐらいだし、ガソリン代も税金もかからないからお得」だとか。

でも、都市在住者や転勤族にとっては置く場所を作ること自体が難しいわけで、独身女性は「結婚するまでは・・・」と思ってたりもで、そういう時に、楽器メーカーが楽器の宣伝も兼ねて練習スタジオみたいのを作ってくれてたらいいのにねえって話になった。エコノミールームはアップライトで日ごろのちょっとした練習に使えるような感じで、最高級機種を置く部屋は多少お高くてもいいし。実際、いい楽器を弾くと欲が出る。みんな買う意欲はある。さらに、楽器の良しあしにこだわるレベルまでピアノやってるような人はたいていある程度のお金持ってる。だから子ども相手の音楽教室より、むしろ大人のハイアマチュアに対して練習場所を貸すというのはより手っ取り早くいい客が集まりそうな感じですがどうでしょうね。

*1:というか全員ほとんどそのレベル。初心者って言ってる人も世間では「中級の上」ぐらいのレベル。