半径50cmの記録

はてなでわっしょい さんろくご

今年の初夢

今年の初夢は2本立てでした。

友達が求人関係の記事広告に出てるのをみんなで話題にしながら炊き込みご飯を食べる夢と、実家の母から具だくさんの炊き込みご飯が送られてくる夢だったんだけど、だいたいおいしい食べ物の夢は吉兆らしいし、炊き込みご飯の夢は米+具ということで利得があったりする吉夢ということでした。

ちなみに、その翌日に見た夢は「京都とおにぎり」をテーマにした映画を制作するということで、労務者風の大量のエキストラと一緒にバスに乗るというものでした。新年からとにかく米の夢ばっかり見てる感じ。


トピック「初夢」

2015年の年初

今年は、除夜の鐘が鳴り終わったぐらいから近所の友達と麻雀*1を打って、2-1と幸先いい感じで、夜明け前に近所の神社にお参りして家で一眠りして、起きたら雪が降り出してました。

うっすらと積もりだしたので嬉しい気持ちになって六角堂まで散歩したところ、ますます雪は激しくなり、気持ちがどんどん高揚してきたので、つい御苑まで足を伸ばしたのです。
http://instagram.com/p/xTSuOpAd3Q/
Instagram

最終的には、完全に雪景色になって、近所の公園で雪うさぎを作って雪まみれになって帰ってきました。
http://instagram.com/p/xTqA3sAdyF/
Instagram

夜半にはマンションのベランダにもしっかり雪が積もったので、自宅で小さい雪だるまを作って(娘にはあきれられながら)ずっと遊んでいたのですが、こういう「たまに雪が降ったら楽しい」とかいうのって、なんか大事な気持ちだなあと思ったのです。

世の中が便利になり、みんなが賢くなると、単に楽しいでは済ませず何もかもにいろいろな意味を与えて効率よく役に立てようとしてしまいますが、それを突き詰めた先は何だかとてもむなしいような気持ちになります。

でもこういう雪遊びみたいな素朴な楽しさには、まったく意味なんてないし役にも立たないのですが、曇りなく楽しくて心がときめくのです。

考えてみたら、私がこれまでに楽しいと思ったことのほとんどは意味がなかった。

でも、そうやって自分が楽しんだことで、他の人も楽しかったり、それがたまたま誰かの役に立ったりするのが、自分にとっては幸せなんだと思います。
だから、それはそれでよくて、今年も、隙あらば意味のないことで楽しんでいきたいという気持ちを新たにしました。

今週のお題「年末年始の風景」〈今週の一枚〉)

*1:基本的に私界隈の麻雀はノーレートですのでコンプライアンス的には問題ない

夢日記 12/22

なんか家に帰ったら食器が割れてる夢を見た。丼2つの縁がかけてて、お気に入りの絵皿の絵が剥がれたみたいになって、どうしてそういう壊れ方してるのかわからない。壊した人物(実在。過去に関わりがあった人)に、絵皿のほうはどうにか買い直すことができないだろうかって聞いたら、心当たりがあるからといって何やら電話している。

その間に食器を捨てようと何か適当な段ボール箱を探してたら娘が「Yさんにもらったのがあってちょうど畳んだところだった」という。Yさんは実在。娘とは面識がないはずなのになんで知っているのだろうと訝しみながら箱を組み立てて壊れた食器を入れて捨てる手配をする

食器を壊した人物、電話かけてる先はなんか知ってる会社っぽかった。そこに食器とかに詳しい人がいるから聞く、みたいな感じなのに、なぜか私の年収聞いてて非常に不愉快。というか知ってる会社の人、私の年収知らないと思う。絵皿の柄は抽象的なものだと思ってたけど、実は古文書にある特殊文字だというような話を聞く。