半径50cmの記録

はてなでわっしょい さんろくご

中山式快癒器を買った

magico快癒器 シャンパンピンク 4球式

magico快癒器 シャンパンピンク 4球式

先日の棒が意外に具合がよかったので、家でも何かああいう感じでツボを押せるアイテムを探していました。ロングセラーにはそれだけの良さがあると思うので、中山式にしようと検索したら最近はなんかピンクのとかふわふわのとか可愛いのがでてます。高さが調整できて、ある程度強力だということなので「magico」のピンクにしました。肩こりは2球式が推奨されてますが、どちらかというと肩甲骨の下の方がこわばってるので背中かなーと思って4球式です。
試してみたところ、左右均等にツボが押される感じになり、予想以上にツボにグッと入ってくるし、使う時はちょっと背中が浮き気味になるので肩甲骨が開くような効果もあり、とっても気持ち良いです。付属の冊子見ると、足の裏とか頭とかのマッサージにも使えるらしい。さほど高価なものではないけどかなり汎用性高いのでおすすめ。2球式も欲しいです。

これまで試した肩こりグッズまとめ

アテックス(ATEX) ルルド グリグリ ブラック ATX-2030bk

アテックス(ATEX) ルルド グリグリ ブラック ATX-2030bk

オフィスで手軽に使えてピンポイントにこわばりをほぐせる(難点はおっさんっぽい)
ルルドマッサージクッションピンク AX-HL148pk

ルルドマッサージクッションピンク AX-HL148pk

ヒーターがついてて冬場にはとても良い。もみ玉のパワーも結構強力。でも、電源付きは意外に使うのが面倒でしばらく使ってないとそのまま死蔵される感じになる
あずきのチカラ 首肩用

あずきのチカラ 首肩用

温まって気持ちはいいけど、コリがほぐれるという感じではなかった。気持ちはいい。
【指定第2類医薬品】コリホグス 16錠

【指定第2類医薬品】コリホグス 16錠

筋弛緩剤。結構効く。体がこわばって眠れないぐらいの時にはおすすめ。でもずっと頼るのはよくないと思った。あと、ネーミングが小林製薬っぽい。
【第3類医薬品】ニューアンメルツヨコヨコA 80mL

【第3類医薬品】ニューアンメルツヨコヨコA 80mL

気持ちはいいけどあんまり手ごたえなかった。
【第3類医薬品】トクホンハップ(冷) 30枚

【第3類医薬品】トクホンハップ(冷) 30枚

これも同様。どっちかというと土踏まずとかふくらはぎに貼ると足の疲れにものすごく効くのでそっちで使いきりました。

閉店したと思った思い出のラーメン屋さんが実は移転していた話

トピック「思い出のレストラン」について

「大学の近所のラーメン屋」ってその大学の卒業生にとってソウルフードだと思います。私の場合は左京区の松ヶ崎あたりで学生生活を送っていたので、今ならみんな一乗寺方面に食べに行くのかなと思うのですが、当時の一乗寺は今ほどのラーメン激戦区というわけではなく、私たちは、近いこともあって北山通をこえたところにあった「宇奈月」によく通っていました。

ここのラーメンは「何ラーメン」というジャンルに属する感じではなく、あっさりしつつもコクのある優しい味のラーメンに、なぜか押し寿司がセットでついてくるというスタイル。なぜかなかなか良いお刺身があったりして夜は「ちょっとお酒も飲んで〆にラーメン」という楽しみ方もできるお店でした。ものすごくおいしい!という中毒性はないのですが、なんとなく思い出すと食べたくなるそういう感じの味だったと記憶しています。

しかし、卒業して数年して「宇奈月なくなったよ」という話を聞くことになります。「結構流行ってたのに」と残念に思っていたのですが、先日、久しぶりに大学の時の先輩と飲んだ時に「実は移転して営業しているらしい」という噂を聞きました。

調べてみると、滋賀県甲賀のものすごくのどかな場所で営業されていて、それなのに行列ができる勢いがあるらしい。写真を見たりクチコミを読む限り当時とほぼ同じような雰囲気です。

宇奈月

食べログ宇奈月

暖かくなったら思い出のラーメンに会いに行きたい気持ちが高まってきました。ちょっとしたローカル線の旅になりそうですが、できればビールも飲みたい!

家事代行を頼んでみた話

もともと家事は得意ではないほうで、特に片付けと掃除がダメな自覚があります。

片付けについては、ものをできるだけ買わないように自制しつつ、多少広い部屋に住むという解決方法で幾分マシにはなりましたが、掃除は油断してるとすぐになんとなく汚くなってきて、そのうち、汚い状態に目が慣れて、どこから掃除していいのかよくわからない、という感じになります。結果として、だいたいいつも何となく清潔感がない感じの家で暮らしていました。

なんか掃除って人間の基本というか、家が汚い=人としてダメという風潮があるように思いませんか。いつもそれがコンプレックスで、慢性的に「私ってダメだー」って思っている感じ。たいていの土日は「あー掃除しなくちゃー」って思いながらだらだらしてて、あんまり精神衛生上よくないなあと思っていました。

そんな中、先日Facebookで友達が業者に家事代行を頼んだ顛末を詳しく書いていて、値段とか頼める家事の範囲とかがカジュアルな感じがしたので、思いきって頼んでみたのです。

それまで、なんとなく掃除の代行って数万円するイメージをもっていたのですが、それは専門の薬剤や機械を使って本格的に水回りを掃除するようなサービスで「家事がとても得意な人に普通に家庭でこなす範囲の家事をお願いする」ぐらいの温度感であれば、地域にもよりますが、だいたい1回5000円~10000円ぐらいの単位でお願いできるようです。それなら、ちょっとした習い事とかジムに通うとか飲み会とかとさほどコストは変わりません。

私の場合、日常の炊事とか洗い物、それから洗濯と水回りの軽い掃除みたいなものは普通にこなしていますが、拭き掃除とか水道の蛇口まわりの水垢みたいな細かい部分の掃除がどうしてもおろそかになっていました。古紙回収を溜めてしまったりとか(そもそも段ボールとかをまとめるのが超苦手)。さらに、忙しかったり体調崩すと、もう少し日常的な部分も手が回らなくなります。なので頻度は3週間に1度でお願いしてみました。

まあ、普通に家事をやっていただいているわけですが、毎回「あー、ここもちゃんと磨くと綺麗になるんだなー」と感心することが多くて、やっぱり家事ウマの人は違います。もし、同じ時間、いやその3倍の時間かけて私が死ぬ気で頑張っても絶対ここまではできないし。そして、大手の業者から派遣されているプロなので、私生活に踏み込んでくることはなく応対も丁寧。気持よくお任せできるようきちんと研修をされているのも好感もてました。

さらに、一度綺麗にしてもらうと、逆に綺麗な状態に目が慣れて、ちょっとした汚れを自分で拭くとか、ホコリを払うとか、洗い物を溜めないみたいな習慣が自分にも家族にもついてきたのが意外でした。

1回数千円の出費を無駄と感じるかどうかは人それぞれですが、もし、家事が苦手なのが気持ちの負担になってるぐらいだったら飲み会や外食を1-2度我慢したと思って頼んでみるのもひとつの方法かも知れません。私としては、それで家の居心地が良くなるならむしろ割安という感想です。