読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汎インターネットピクニック日記

id:rikoの個人の日記です(✿╹◡╹)

牛すじ肉を煮込んだ話

食べ物

negineesan.hatenablog.com
ここで紹介されてたコスパの良いすき焼き肉を買った。送料無料になる分量(2kg)買って会社の人とわけることにして、ついでに「さばきスジ」も注文。

最近は牛スジも良質なのは結構高いし、スーパーではなかなか見つからないので、送料の問題さえクリアできたらインターネットで買うのがいいです。
store.shopping.yahoo.co.jp
届いたのを解凍したら、牛すじという概念とはちょっと違ってて、いい具合にサシが入った赤身ブロックにところどころスジがくっついてるという感じ。少なくとも関西でおでんに入れる白いスジ(アキレスとか)とは別ものと考えたほうがよさそう。


まず表面をフライパンで焼いて、脂を出したりします。この時点で上等の肉の匂いがして最高。その後、圧力鍋で下茹で。うちのは普通の圧力鍋より高圧なので、5分ほど加圧して火を止めて放置。普通の圧力鍋なら15分ぐらいかな。下茹では、お酒とかセロリとか香草類も入れる。


下茹での間に玉ねぎ3個分ぐらい炒めます。雑に炒めたので結構焦げてる。


下茹でが終わった肉の様子。小分けにして冷凍しておくといろんな煮込み料理に使えるけど、今回は全部デミ煮込みにします。

とはいえここからは特に難しいこともなく、炒めた玉ねぎと肉と適当な野菜刻んだのに水1リットルぐらい入れて再度圧力鍋で15分ぐらい、圧が抜けたら適当なハッシュドビーフのルウ(市販)を入れ、とろみが出るまで弱火で煮る、最後の仕上げとして、みりん大さじ1、赤味噌大さじ1を足して出来上がり。

かつてはデミグラスソース缶を使ってましたが、別に固形ルウでもそんなに遜色ないし、ワインで煮込むより味噌で仕上げるほうがコクと深みが出て好み。ただ、煮込みプロセスは圧力鍋じゃなくて普通の鍋で煮込んだほうがいいかも。今回、ちょっとパサッとした仕上がりになってしまった。


美味しいバゲットと共にいただくと無限にワインが進んで危険。

けっこうたくさん作ったけど、お肉の入ってないソース部分だけ冷凍しておき、ハンバーグとかオムライスのソースに使います。